鉄は熱いうちに打て

鉄は熱いうちに打て

これも、外国からきたことわざです。

江戸時代にオランダ語で入り、明治時代に英語やフランス語でも入り、
広がって皆に使われるようになりました。

意味
成人してからでは難しいので、純粋な気持のある若いうちに
鍛えておくといいということ。

由来
鉄は、熱して柔らかいうちに、色んな形を作り上げることから。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
  ★★★★★ 語学の天才期にある幼児に優れた英語環境を♪
       200枚のカードで遊んでうちに・・・
 あーら不思議。  英語で遊びだしちゃう!
 家中、子供から大人まで英語だらけという事態が起きるかも!

英語力が身につく!!
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。